2017年4月14日

淡路島ツアー その2 イチゴ狩り




ビニールハウスの中に入ると甘~い香りが・・・

 

本当にイチゴ狩りいいですよね。

皆さんもご存知かもしれませんが、

店に出回るイチゴは完熟手前で収穫して出荷されるそうで

本来の完熟ではないそうです。

それがイチゴ狩りでは本当の完熟を自分の目で確かめて

自分の好きな色や形が選べます。

あの本物のイチゴの甘酸っぱさはイチゴ狩りでないと

体験できないと思いました。

こちらでは「さちのか」と「紅ほっぺ」が栽培されていました。

2種類の食べ比べと大きさの食べ比べと栽培位置の食べ比べ

なんかをしているといつの間にか15粒ほど食べていました。

 

イチゴは他の果物のように皮をむく必要がないですし、

噛まなくても食べられますし、

ご高齢の方々にもお喜びいただける果物ではないでしょうか。

イチゴ農園も「高設栽培」といって

しゃがまなくても採れるような高い位置に栽培されていますし、

車いすで通れるほど通路も広いです。

 

ここ、「淡路島 東浦イチゴファーム」さんでは

2月中旬から5月中旬までイチゴ狩りをされています。

詳しくはこちらまで

https://awaji1higashiura2i.wixsite.com/higasiura-ichigo

 

ただ、注意点が一つ。

ビニールハウスに入る入り口がこんな風になっているので、

車いすの方は注意が必要です。

事前に連絡していれば、橋の上に敷物を掛けていただけるようです。

 

それでは、イチゴ狩りをまだまだ楽しみましょう!!!




詳細や気になる点など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。