お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)

072-725-3388
お問い合わせ

文字サイズ変更

平安神宮へさくら鑑賞!お花見ツアー

カテゴリー: 旅行実施報告  
投稿日2019年04月16日

4月とはいえ、まだ肌寒さが残る中、平安神宮へお花見ツアーへ行ってきました!平安神宮と聞けば何を思い浮かべますか?朱色の大きな鳥居や社殿が有名ですね。

 

実は平安神宮の創建は明治28年と比較的新しく平安時代に建てられたものではないんですね…そう思っていたのは私だけでしょうか…(笑)平安神宮社殿は平安京遷都1,100年を記念して創建され、第50代桓武天皇と第121代孝明天皇が祀られています。偶然か必然か、これは平安遷都を行い、京都で過ごした最初の天皇と、明治維新による東京遷都前の京都で過ごした最後の天皇が祀れているということになります。ちょうどこの時期は新元号『令和』が発表されて間もない頃、天皇家の歴史の深さをあらためて感じ入ります。

平安神宮は社殿を取り囲むように約10,000坪の庭園があります。東・中・西・南の4つの庭園があり、これらは国指定名勝の神苑と呼ばれています。

 

さあいよいよ出発です。

平安神宮は京都市左京区に位置し、大阪から普通に行ければ1時間程度ですが、春の桜の時期や秋の紅葉の時期はやはり混みます。この日は約1.5時間…ゆらりとバスに揺られ、そろそろお腹も空いてきました。まずはお食事!ということで食事会場へ!

平安神宮の敷地内には平安神宮会館という結婚式や披露宴を催す会場があります。バス移動のお疲れを癒すため、まずはロビーでご休憩。ロビーからは南神苑にある『泰泉閣』がすぐ近くに見えます。偶然にも和装の男女が泰泉閣で記念写真撮影に臨まれており、皆様ずっとその姿を追っておられました(笑)今回は披露宴会場の『栖凰殿』の1室を貸し切ってのお食事!京都の歴史の中ではぐくまれた技術と旬を味わう伝統と革新に満ちた風雅な京会席料理を堪能頂きました。会場からの窓はガラス張りになっており、神苑の景色を見ながらのお食事は贅沢でした。

さあお腹も満たされたところで、いよいよメインイベントのお花見です。当日は4月上旬。少し肌寒くはありましたが、天気にも恵まれ、お花見日和でした。平安神宮の中でも春の紅しだれ桜は自然の営みの優雅さと神々しさを感じさせてくれます。

 

写真は中神苑と東神苑の間の、とある場所です。なんと写真のこのエリア…〇〇〇〇なんです。今回特別に入らせて頂きました。ある入居者様から「いくら払ったの?」と聞かれ、私も意気揚々となりました(笑)平安神宮の桜は八重紅しだれ桜がメイン。また桜と松とのそのコンストラストは美しく、ゆっくり鑑賞できました。次は尚美館(貴賓館)です。

 

尚美館(貴賓館)は京都御所にあった京都博覧会の中堂を移築したもので1913年に完成。中には明治後半から昭和初期にかけ活躍した望月玉渓(日本画家)の作品が襖絵として描かれています。花鳥画を得意とし部屋ごとに金地に鶴・松・竹・梅が描かれています。会場はもちろん貸し切り。平安神宮神主様から、その歴史や襖絵の説明などを受け、皆様大変ご興味を持たれた様子でした。実はここでも神職様から特別に公開頂いたモノがありました。それを見るや否や皆様興奮度は最高潮に!!

興奮冷めやらぬまま、尚美館を終え裏口を通り、社殿の裏へ…

 

京都の茶屋といったところでしょうか。雰囲気がいいですね!最後に平安神宮の社殿に入る門『應天門(おうてんもん)』で記念撮影!

門の上方には『應天門』と書かれた額が掛けられています。弘法大師によるものと言われていますが、弘法大師は額が掲げられてから『應』の字の点を一つ書き忘れたことに気づき、筆を投げて点を書き加えたと言われております。ことわざの『弘法も筆のあやまり』はこの言い伝えに基づくとされています。記念写真撮影後、バスの到着まで應天門西側にある十二十二(トニトニ)でお買い物!

10月22日は平安遷都の日です。そして平安神宮で毎年開催される『時代祭』の催行日でもあります。時代祭を体感できる施設としてその日を多くの方に覚えて頂くよう、十と二十二を合わせて、『十二十二(トニトニ)』というユニークで覚えやすい名前にされたとのことです。京都のお土産たくさん買われてました~!

最後に…

今回の平安神宮への花見ツアーのコンセプトはプレミアム感でした。今回は特別に食事会場や尚美館(貴賓館)、また花見場所も一部、施設様専用で貸し切ることができました。混雑で疲れた一般客の視線を横目に、優雅でゆったりした貸し切りエリアに入る優越感(笑)

実は…食事会場や尚美館には階段や段差がありました。施設のスタッフ様や我々、平安神宮のスタッフ、また神主様までもが真摯にお手伝い頂き、無事に乗り越えることができました。今回はじめて催行した新ツアーでしたが、皆様に満足を頂き、特別感を演出できたのではないかと思っております。

満足頂けたところで、来年も引き続き予約をと思いましたが、実は2020年の4月上旬はもう予約で一杯だそうです……

え~~…1年後の予約がもう一杯だなんて恐るべし…平安神宮…

しかし、そこは我らがHNI。なんとか、少しではありますが日程を確保しています。

限定数にはなりますがぜひお気軽に弊社担当までご相談下さいませ。

 

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)

072-725-3388
お問い合わせフォーム